保育の5領域とは

2018年に「保育所保育指針」と「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が改定されました。就学前児童が幼稚園、保育園、認定こども園のどこに通っていても同じ水準の保育や教育の機会を得られるようにすることが大きな目的です。

新たな保育所保育指針では、保育や幼児教育の質を保ちながら、小学校進学を見据え、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」の目標を指示しています。

「保育の5領域」とは、その目標とする姿を具体的にするために「保育のねらい」を5つの領域に分けたものです。「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」に分類されています。

健康健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う。
人間関係他の人々と親しみ、支えあって生活するために自立心を育て人と関わる力を養う。
環境周囲のさまざまな環境に好奇心や探求心をもって関わり、それを生活にとり入れていこうとする力を養う。
言葉周囲のさまざまな環境に好奇心や探求心をもって関わり、それを生活にとり入れていこうとする力を養う。
表現感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通じて、豊かな感性や表現する力を養い、創造力を豊かにする。

※引用元:厚生労働省「保育所保育指針解説」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000202211.pdf

指導案は上記に基づいた作成が求められますが、1歳以上3歳未満児と3歳以上児はとくに5領域を重視した「保育の目標」が求められるので、よく内容を確認しましょう。

混同されやすい「3つの柱」「10の姿」との関係

「保育の5領域」と混同されやすいのが、保育所保育指針の掲げる「3つの柱」と「10の姿」です。3つの関係性を詳しくみていきましょう。

「3つの柱」は5領域や10の姿の基礎になるもの

「3つの柱」とは、保育所保育指針で示している3つの「育みたい能力・資質」を指しています。5領域や10の姿の大元となる目標です。

  • 知識及び技能の基礎
  • 思考力、判断力、表現力等の基礎
  • 学びに向かう力、人間性等

この3つの項目は、子どもたちが生涯を通して必要になる生きる力であり、保育園の幼少期から就学後の小中学校が連携して培うものです。小中高校の「学習指導要領」もこの3つの柱を基本として、ほとんど言葉も変わらず記載されています。

5つの領域は3つの柱の基礎にして、より具体的に分かりやすく解説したものと考えましょう。

「5つの領域」は3つの柱を育む具体策

保育の「5領域」は、乳幼児期に3つの柱となる力を育てる方法を5つの分野に分けたものです。それぞれの領域の活動は、最終的に3つの柱につながっています。

「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5つの分野の活動をバランスよく子どもたちに経験させることが大切です。

保育所保育指針には、乳児保育、1歳以上3歳未満児の保育、3歳以上児の保育の年代ごとに「ねらい」と「内容」が詳しく記されています。「ねらい」は心情・意欲・態度を育むことを目的とし、「内容」は保育士が指導するべき項目となっています。

3つの柱に向かうことを意識しながら、年齢に合った指導案や環境づくりを心掛けましょう。

「10の姿」は5領域を育んだ後の目標となる姿

「10の姿」は幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の具体例となり、今後育む方向性の目安となるものです。小学校教育と連携を図るために、援助の方向性を共有するために用意されました。

<10の姿の視点>

  1. 健康な心と身体
  2. 自立心
  3. 協同性
  4. 道徳性・規範意識の芽生え
  5. 社会生活との関わり
  6. 思考力の芽生え
  7. 自然との関わり・生命尊重
  8. 数量・図形、文字などへの関心・感覚
  9. 言葉による伝えあい
  10. 豊かな感性と表現

※引用元:https://hoiku-shigoto.com/report/archives/23360/#310

保育の5領域は難しくない!実践例を紹介

詳しく知ってしまうと、ますます難しく思える5領域ですが、実は日常の活動にもしっかりと含まれています。実践例を見てみましょう。

健康領域になる保育

  • 投げる、拾うなど身体的技術を育む遊び
  • 着替えやトイレトレーニングなど清潔を維持する習慣
  • 食事の意味や作り方を知る食育
  • 安全を教える散歩指導や避難訓練

人間関係領域になる保育

  • 乳児に信頼と愛着が芽生える関わり方をする
  • 1~2歳児は子供の気持ちの代弁や言葉の補いでサポートする
  • 3~5歳児は年長児の力を借りる子供主体の関係性を重視したサポートをする

環境領域になる保育

  • 保育士自身が自然と触れ合う姿をみせて、子どもたちのロールモデルとなる
  • 子どもと一緒に自然を感じながら面白さや美しさを伝える
  • 子どもたちが感じ取った自然の姿を共感し、意味が見いだせるようサポートしていく

言葉領域になる保育

  • 子どもの感情や思っていることを代弁し、分かってもらえる安心感を与える
  • 保育士が自分の気持ちを率先して言語化し、子どもが気持ちを表現する学びの機会を与える
  • 言葉の言い間違いは直し、正しい発音を伝える

表現領域になる保育

  • 心の情景や感情、感動を造形遊びで表現できるよう援助する
  • 造形遊びに積極的ではない子どもには、原因を解明しながら個人に合わせた支援をおこなう
  • 造形活動を通じて、造形をする過程を子どもの視点に立って楽しむ。

保育指導案は園の「めざす子ども像」でより具体的になる

保育所保育指針の「5領域」や「10の姿」は、国が幼稚園や保育所のためにガイドラインとして示しているもので、目安にすぎません。

実際に保育指導案やねらいを策定する際には、地域性や園の特色を踏まえた「目指す子ども像」を考慮して工夫することで、より現実的で実状に沿ったものになります。

保育指針にとらわれすぎず、目の前の子どもたちを見つめて作成することが大切です。

まとめ

「保育の5領域」とは、「保育のねらい」を健康・人間関係・環境・言葉・表現の5つの領域に分けたものです。保育指導案はこれをもとに作成されます。

「3つの柱」や「10の姿」などと混同されやすいものですが、3つの柱は「育みたい能力・資質」のことであり、10の姿は「幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な姿」を指しています。「3つの柱」を実現する具体策として「5領域」があり、目指す姿が「10の姿」と覚えましょう。

そして、保育所保育指針はあくまで目安や指針であり、必ずそうしなければならないものではありません。子供たちにバランスよく5つの領域を経験させること、園の実情にあった施策を立てることが何よりも大切です。