選ばれる園を目指して

待機児童問題解消のために、多くの民間保育園が開設されてきました。保育園が増えたことによって、保護者は「入れればどこでもいい」という考え方から、より質の高い保育園に入園させたいと考える方も増えてきます。

今後、各保育園では、保育の質の面で保護者に選ばれ、そして、働きやすさの面で保育士に選ばれる園を目指すことが必要になってきています。
そのためには、保育ICT導入の早期導入が不可欠です。

保護者と保育士が求めるもの

時間のない中で仕事と子育てを両立している保護者は、「できれば、保育園との事務的なやりとりは手軽にすませたい。でも、保育園で何があったかは詳しく知りたい」と思っています。

一方、保育士の側では、子どもが好きで保育士になったのに実際は事務作業・書類作りに追われるとか、多様な子どもにどう向き合えばよいか自信がない、みんな余裕がなくて仕事を教わったりお互い情報共有する時間がない、といった悩みがあります。

保育ICTシステム導入の効果

働く保育士の環境をよりよくしていきたいと考える保育園の経営・運営に携わる多くの方が、保育士が子どものことを考える時間が必要だと思っていることでしょう。しかし、保育士の現実は業務に追われてしまっています。こうした問題の解決に必須の道具が保育ICTシステムです。

単純な業務を自動化して、子どもと向き合う時間を生み出すだけでなく、保護者とのコミュニケーションの業務量を減らしながら、様々な情報共有が可能になります。また、日々の出来事について確実に記録が残り、振り返りができ、保育士の学び・気づき、そして働き甲斐の向上に役立ちます。

子どもたちの成長記録を事務室のファイルの中で管理するのではなく、システムに取り込むことで、情報を一元管理し、ひとりひとりの子どもに沿った保育を行うための振り返りを行いやすくする環境が整っていきます。

保育システム導入の費用負担を何とかしたい

一部の自治体には、保育 ICT システムに対する補助制度があり、システム導入が進んでいます。しかし、多くの自治体にはそうした制度がなく、費用負担が問題となってシステム化が進まないのが実態です。。

この状況をなんとかしたい。保育ICTシステム「Child Care System (CCS)」(チャイルドケアシステム、シーシーエス)を開発・販売する株式会社CHaiLD(チャイルド)では、導入応援のための「無料キャンペーン」を展開することとしました。

保育システム導入をCHaiLDが応援!

株式会社 CHaiLD は、保育業務の ICT 化を進めています。Child Care System (CCS) は、グループの直営施設で得た膨大な事例と独自の研究・開発体制を基盤としたシステムであり、データに基づく質の高い保育を支援します。2021年の大型リニューアルにより、より高機能で使いやすいシステムへと生まれ変わります。使っていただければその効果が実感できるでしょう。

また、同社は、午睡チェックの精神的な負担を軽減する CCS SENSOR(シー シー エス センサー) も提供しています。今回、午睡中のオムツの中の温度変化の分析により、翌日の子どもの発熱を予測する機能も加わりました(BabyTech® Award Japan 2021の健康管理部門で優秀賞を受賞)。

さらに、同社は、保育園での写真・動画をオンラインで手軽に販売できるCCS MEMORU(シーシーエス メモル)も提供しています。CCS MEMORUを使えば、コロナ禍で保育参観の人数が制限されたり、遠方のおじいちゃんおばあちゃんがお孫さんに会うことができないという場合でも、ご家庭とは違った顔を見せる園児の様子を伝えることが可能です。保護者やそのご家族に園児の成長を伝えてあげることで、保護者の満足度を高めることが可能です。

この新しいCCS、SENSOR、MEMORUを同時に導入される民間の保育園(*)に対しては、CCSの月額使用料をずっと無料にします。また、SENSORの導入にかかる負担についても、初期導入費用のリース払い方式の導入や、一定の条件での月額使用料の無料化も行います。(「無料キャンペーン」の詳細についてはこちらをご覧ください)

* 公立の保育園では、3つのシステムを同時に導入することが難しい場合も多いことから、CCSの導入だけでも、一定の条件の下で、月額使用料を無料にします。

保育ICTシステムを活用して質の高い保育を

今回、こうした思い切ったキャンペーンをすることで、これらのシステムを多くの園でいち早く使っていただき、その効果を実感していただきたい。そして、一つでも多くの保育園に、保育ICTシステムを使って「選ばれる園」への取り組みを強力に進めていただきたい。それが、株式会社CHaiLDの願いです。

日本における少子化の流れは、なかなか止まる気配がありません。そんな中で保育の質の向上を求める声は、ますます強くなり、それに応えられない保育園は、これから経営が難しくなることも考えられます。保育ICTシステムは、そのための必須のツールです。多くの園にこのキャンペーンを活用して、保育の質の向上に寄与したいと考えています。

お問い合わせはこちら