VEVO 午睡チェックの体動センサー ・保育士の精神的負担を軽減・医療機器として届出済み・補助金対象 main-img
  • 保育士の精神的負担を軽減
  • 医療機器として届出済み
  • 補助金対象

保育士のこんな声から生まれました!

先生からの推薦 石井章仁教授

保育士のセーフティーネットとして必要性が高まる
午睡チェックセンサーに期待

寝ている間に亡くなるという悲劇は根絶しなければならないことです。そのため、午睡チェックは、保育士には負担がかかりますが、徹底していく必要があります。ただ近年急増する保育園では乳児保育の経験がある保育士ばかりではありませんし、保育の現場は多種多様ですので、人の手だけでは限界があるのが現実です。
午睡チェック体動CCSセンサーを導入することのメリットは保育士とITのダブルチェックで子どもを見守ることで安全性の向上につながりますし、記録など事務的な負担の軽減にもなることだと思います。
うつぶせ寝をした場合はアラートがなる仕組みになっている “1秒でも早く危険な状態を作らない”という安全対策の観点においては、人間以上の役割を担ってくれる機器ですので、徹底した安全管理を実現してくれるのではと期待しています。

大妻女子大学 石井 章仁 准教授

料 金charge

(単位:円)

CCS SENSOR A社 B社
初期費用
設置費用 120,000円/園 - 30,000円/園
センサー 30,000円/個 30,000円/個 118,000円/個
タブレット
初期設定
- 10,000円/個 -
ランニングコスト
センサー利用料 1,000円/個 1.600円/個 -
システム利用料 2,000円/園 - 15,000円/園
タブレット
レンタル費用
- 3,000円/個 -
0~1歳児 12名の場合

0歳〜2歳 12名の場合

A社と比較すると…補助金の適用されない2年目以降の月額を
11,200円コスト減!!

B社と比較すると…初年度の年額を
967,000円コスト減!!

  • 平成31年度の補助金は、初年度の導入費用のみ対象、
    上限100万円までとする自治体が多くありました。
  • 該当の補助金が令和元年に実施されるか、詳細な条件は、自治体により判断されます。
    詳細は自治体担当部署へお尋ねください。
見積もり依頼

午睡チェック体動センサーとはabout system

POINT.1

園児に安全を

オムツに取り付け、
うつぶせ寝をいち早く検知。
アラート画面でお知らせ!

POINT.2

保育士の負担軽減

複数の園児の
午睡チェックを自動記録。
事務作業時間の短縮を実現。

POINT.3

VEVOと連動も可能

その日のお昼寝時間を
正確に保護者にお知らせ。
園と保護者のコミュニケーションを
より密接にします。

使用例

仕様

電源 リチウムポリマー電池(DC3.7V 380mAh)
寸法 長さ 50mm×幅 50mm×厚さ 21mm
電源入力(充電) DC 5V

体に接触する部分の組成

筐体 ABS樹脂
測温部 ステンレス鋼
お問い合わせ

CCS PRO とは

Child Care System supported by NTT東日本

CCS PRO(Child Care System PRO)とは保育業務支援システムで、
センサーで検知した情報はCCS PROで確認することができます。

CCS PROは保育現場からの声をもとに開発した
シフト作成、園児の登園降園管理、スタッフの出退勤管理、
園児の教育・保育計画作成、延長保育料算出、保護者との連絡メール
など
多くの機能を取り揃えています。

NTT東日本によるサポート体制も強みとしており、保育士さんの業務を全面バックアップします。

現在、日本全国で700園以上の導入実績があります。

CCS PROについて詳しく見る

よくある質問Q&A

Q

実際にセンサーやチェック表の画面をみせてもらうことはできますか

できます。CCS SENSORの無料説明会がございますので、そこで実際のCCS PROの午睡チェック画面やCCS SENSORの実物を触っていただくことも可能です。無料説明会の詳しい情報はこちらをご確認ください。

Q

一時預かり保育中の園児にも使用できますか

使用できます。予備のセンサーをご用意いただき、「一時預かり保育①」「一時預かり保育②」など園児名登録をし、都度、一時預かり保育中の園児に使用していただくことをお奨めしております。

質問をもっと見る

わたしたちの想いour thoughts

保育士さんたちは命を預かる責任の重さを常に感じながらお仕事をされています。
その精神的な負担や緊張を少しでも軽くし、より笑顔で子どもと向き合っていただきたい。
「CCS SENSOR」はそんな想いから生まれました。

お問い合わせ