Child care system

お知らせ

待望の保育園ICT管理システム

Child Care System導入による保育所等のICT化推進について

この度、厚労省より発表された「平成27年度補正予算(案)保育対策関係予算の概要」により、保育所等における保育士の業務負担軽減を図るため、負担となっている書類作成業務について、ICT化推進のための保育システム(指導計画やシフト表の作成等)の購入に必要な費用を最高100万円(1か所あたり)支援するとされております。

スマートフォンの登場により、これまでの携帯電話に比べて出来ることが劇的に増えたように、保育における事務業務もChild Care Systemの導入によって従来の手書きよりも大幅な時間短縮ができ、労力の削減が可能となります。

今回の補助金を活用して保育業務支援システム導入をご検討される方におかれましてはお気軽にお問い合わせください。

Child Care System(チャイルドケアシステム)とは?

Child Care System(チャイルドケアシステム、以下「CCS」という。)は株式会社social solutionsが管理する保育園運営管理システムであり、NTT東日本とシステムの提供に関して事業提携を結んでいます。CCSにおける事業目標として以下3つを掲げております。

法令に遵守した最適なシフト作成機能、iPadを日々タッチするだけで登降園、出退勤に関する帳票類の自動作成機能、利用者への一斉メール(既読機能付き)送信、保育用品の購入、延長保育事業に関する補助金交付のため申請書作成をサポートする機能など、当グループ会社が直営認可保育園20園の運営で培ったノウハウ、子ども・子育て会議で得た情報をCCSに反映しており、認可保育園や小規模保育、それ以外の保育事業所でもご利用いただけるソフトとなります。

CCSを導入することで以下の機能がすべてご利用いただけます。

登園・降園をiPadでタッチすると保護者へメールでお知らせする機能もありますので、保育事業所以外にも学童保育、放課後等デイサービス、各種スクール向けなど様々なシーンでご利用いただけます。

CCSの提供により、保育士の労働時間を削減し、保育士のワーク・ライフ・バランスの実現および保育園経営の維持・安定化に貢献することで、現代の社会問題となっている待機児童の解消、女性の社会進出の促進に向け取り組んでまいります。

Child Care System「ご利用園様インタビュー」

Child Care Systemを導入していただいている保育園様の声をご紹介します。