我が社 ソーシャルソリューションズにとっての“テクノロジー”とは?

弊社の掲げる目標は、「日本の人口問題を、ICTの力で解決します」です。

ICTということで、情報通技術を用いたサービスをご活用いただいているところです。

しかし、「技術」なにも、コンピュータを利用するものに限られません。というよりも、現代の「技術」でコンピュータと全く無関係のものは存在していないでしょう。

ということで、弊社が取り組んでいくべき技術分野、テクノロジー分野の裾野を広げていければと思っています。

例えば、その「いの一番」に上がるのは、「教育工学」です。このテクノロジーの内容を、私の理解で整理すれば、教育の成果を上げるために、工学技術を応用して、教育の「方法」を改善していく研究体系ということになります。コンピュータを用いた授業ということもありますが、教育のモニタリングなども視野に入ってきます。

保育実践へのコンピュータ導入に最も関連性の高いテクノロジーでしょう。

また、説明はまたの機会としますが、「学習科学」「組織論」といった分野のテクノロジーにも、保育実践を向上させるヒントがあると思います。

弊社は、こういった狭い情報技術にこだわることなく、様々なテクノロジー分野に挑戦し、保育の質の向上、人口問題の解決に少しでも寄与していければと思っています。